援助交際をする際に気をつけること

援助交際で気をつけること

若い女性と、一度は援助交際をしてみたい、あるいは、お金を払ってもいいから、若い女性とエッチをしたい、という人は多いはずです。しかし、この援助交際には、いくつかの注意点があります。

援助交際をしたことがあるという女性は、一度だけでなく、割と何度も行ったことがあるという人が多いです。エッチをするだけでお金をもらえるということが、女性にとってはとても割のいいアルバイト、と感じるものなので、常習性があるのです。

しかし、何度も行っていく中で、女性は嫌な男性に出会います。例えば、最初に3万円をもらう約束をしても、いざお金を渡す段階で、「あの程度で3万円なんてありえない」と言い出すような人です。
そのため、女性は男性をだますことを覚えます。よくあるのは、男性がトイレやお風呂に入っている間に、財布の中身を抜き取ってしまうというものです。お金をもらう目的で、援助交際をする女性は多いですが、逆に、お金をだまし取ることを目的に、援助交際をする女性も、実は多いのです。周りにバレたくないという思いから、騙されても訴えることができないので、泣き寝入りをする男性も多いのです。

援助交際のリスク

援助交際のせいで、女性からお金を騙し取られてしまうということはあります。しかし、それ以外にもリスクが伴うのです。援助交際を何度も行ったことのある女性は、結果的に、複数の男性と性的関係を持ってきたことになります。また、その女性と関係を持つ男性というのも、何度も援助交際を行っており、複数の女性と性的関係を持ってきています。ですので、性病にかかっている可能性もあるのです。

一度だけ援助交際をしてみようと思って、出会い系サイトを利用して女性とエッチをしてみたら、その1回きりの援助交際のせいで、性病をうつされてしまったなんてこともあるのです。中には、自分が病気をうつされたことが悔しくて、他の人にもうつしてやろうという考えから、援助交際を行うなんて女性もいるほどです。

援助交際を行うのであれば、絶対にコンドームを使用しましょう。また、万が一相手の女性を妊娠させてしまったら大変です。場合によっては、妊娠していないのに、「堕ろすためのお金を払ってほしい」と男性を騙してくる女性もいることでしょう。こういったリスクがあることを、しっかりと頭に入れておきましょう。このような脅迫を防ぐ意味で、コンドームは必須です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ